フィンランドグリーン(バルチックグリーン・バルチックキング)の価格や特徴を解説

>>登録希望の石材店はこちら >>一括見積り開始

ご成約でギフトカード30,000円贈呈!

地域を選択して対応可能エリアを確認

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州


今すぐ見積もり開始

今すぐ一括見積りスタート

墓石の概要

フィンランドグリーン

 正式名称
フィンランドグリーン(バルチックグリーン・バルチックキング)
 原産国
フィンランド(クル)
 吸水性
 圧縮強度
109.76 N/mm2
淡青色(グリーン)
 値段
普通(普通)
 特徴
フィンランドから輸入された石材です。柔らかなグリーン色で洋風のお墓にも向いています。

墓石の特徴

フィンランドグリーンは、フィンランド産の高級御影石です。バルチックグリーン(BALTIC GREEN)とも呼ばれます。バルチックの中の最高級の原石であり、「バルチックキング(BALTIC KING)」とも呼ばれています。フィンランドから近年輸入された石で、フィンランドを代表する石材のひとつです。淡青色系の落ち着いた色合いが特徴です。岩石名は火成岩、花崗岩、緑系小目御影石。黒い部分は黒雲母、磁鉄鋼、角閃石、白い部分は斜長石、グレーと緑の部分はカリ長石です。薄い緑の鉱物と、ごま塩状の黒雲母や半透明な石英などが交じり合い、優しく、とても上品な風合いを醸し出しています。風化に強く、歳月を経ても本来の色合いを長く保ちます。同じフィンランド産石材の「バルチック・ロイヤルグレー」に比べると石目は少し粗いのですが、大材がとれるため、外柵や石塔、長尺物にも対応しています。大きなお墓、長いお墓を建てたい方には、特におすすめの石材です。目が細かく、やわらかな色合いで、墓に向き合う者の心を落ち着かせてくれます。上品な石目と、いかにも北欧を感じさせるグリーンの色合いは独特の雰囲気を持っており、洋型の石碑にとてもよく合いますが、和型の墓石や、和風モダンな墓石にも適していると言えるでしょう。外国産の石材の中では、日本で墓石として使われている歴史が比較的長く、和型墓石としての使用例も豊富にあり、経年劣化にも強いことが証明されています。

均一性は高い方で、研磨仕上げの艶がとても美しい石です。丁場が2箇所にあるため、丁場によって石目・色合いに違いが出ます(結晶も均一に出ますが、Y丁場、J丁場で若干異なります)。硬度が高く(つまり、丈夫であるということです。石質は「ニューインペリアルレッド」に次ぐ硬度です)、安定して人気のある石です。磨き上げられたフィンランドグリーンは、本当に艶やかで、墓石としては名石と言えるでしょう。見掛け比重は2.619t/m3。年間採石量は500m3

「バルチック」は、バルト海のこと。ヨーロッパ北部の内海で、東部にフィンランド湾があります。「クル」は、フィンランドピルカンマー県の下位行政区の1つです。

墓石の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
墓石ナビ登録のお近くの優良石材店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積もりスタート!

今すぐ一括見積りスタート

よく比較される墓石

 正式名称
河北山崎

河北山崎-S

 料金
普通
 正式名称
インドアーバングレー

インドアーバングレー-S

 料金
普通
 正式名称
インド黒(YKD)

インド黒(YKD)-S

 料金
普通
 正式名称
インド銀河

インド銀河-S

 料金
普通
 正式名称
マハマブルー

マハマブルー-S

 料金
普通
 正式名称
G663

G663-S

 料金
普通
 正式名称
北大青(H3715)

北大青(H3715)-S

 料金
普通
 正式名称
吹雪石

吹雪石-S

 料金
普通
 正式名称
茨城小目

茨城小目-S

 料金
普通
 正式名称
北木石(中目)

北木石(中目)-S

 料金
普通
 正式名称
小桜

小桜-S

 料金
普通