マハマブルーの価格や特徴を解説

>>登録希望の石材店はこちら >>一括見積り開始

ご成約でギフトカード30,000円贈呈!

今すぐ見積もり開始

今すぐ一括見積りスタート

墓石の概要

マハマブルー

 正式名称
マハマブルー
 原産国
インド
 吸水性
 圧縮強度
225.60 N/mm2
紫色
 値段
普通(普通)
 特徴
神秘的な石として有名。青と紫と白の絵の具が混ざりあったような、マーブル調の色合いは、類似品が無い

墓石の特徴

マハマブルーの通称は「インドブルー」。バハマブルーとも呼ばれます。産地はインドです。青と紫と白が溶け合ったような、美しい色合いの、マルチカラー系御影石です(マルチカラーとは、2色以上の色が混ざり合った色あいを指していいます)。マーブル模様の混ざり方は、原石により様々で、二つとして同じ模様はありません。そのため、自分だけの、個性的なお墓を建てたい方によく利用されています。大理石風の色調で、置物などにも使用されています。深みのある青色は、夜明け前の空の色にも例えられてます。「バハマブルー」とも呼ばれているのは、この石の紫色の濃淡の模様が、バハマの海を思わせることからきています(※バハマは、西インド諸島のバハマ諸島を領有する国のこと。)。全国的に広く評価される人気の石です。

岩石名は火成岩、花崗岩、紫系中目御影石。黒い部分は黒雲母、磁鉄鋼、角閃石。透明部分は石英、白い部分…斜長石、赤茶部分と紫部分はカリ長石です。

絵具を混ぜたような、流れるようなマーブル調の模様の石は、他の色の石では他にもありますが、この色調の石で類似する石材は無く、個性的なお墓を建てたい方におすすめの石です。紫が基調のため、派手になるのでは?と心配されがちですが、落ち着いた、シックな印象のお墓になることが多いようです。また、他の石と組みわせてデザイン墓で使用されることが多く、たとえば、やわらかい印象のグレー系の石材にマハマブルーを組み合わせると、とても引き締まった印象のデザイン墓ができあがります。花の彫刻などがとても映えます。また、マハマブルーと、ノルウェー産のブルーパールを組み合わせると、両方とも艶のよい石材のため、宝石のような、ツヤツヤとした美しいお墓ができあがります。同じインド産のクンナムと組み合わせたデザイン墓も、美しさが際立ちます。青と紫が溶け合ったような流れ模様は本当に美しく、一目ぼれさせる魅力を持った石材です。もとは建築資材としてよく使われてきた石材です。記念碑などにもよく使われますが、歳月が経つと、表面が乾いたようになり、色が褪せたように変色する場合があります。少し柔らかい印象の石ですが、中国材に比べれば風化は遅いと言われています。 見掛け比重:2.830t/m3

墓石の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
墓石ナビ登録のお近くの優良石材店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積もりスタート!

今すぐ一括見積りスタート

よく比較される墓石

 正式名称
フィンランドグリーン

フィンランドグリーン-S

 料金
普通
 正式名称
河北山崎

河北山崎-S

 料金
普通
 正式名称
インドアーバングレー

インドアーバングレー-S

 料金
普通
 正式名称
インド黒(YKD)

インド黒(YKD)-S

 料金
普通
 正式名称
インド銀河

インド銀河-S

 料金
普通
 正式名称
G663

G663-S

 料金
普通
 正式名称
北大青(H3715)

北大青(H3715)-S

 料金
普通
 正式名称
吹雪石

吹雪石-S

 料金
普通
 正式名称
茨城小目

茨城小目-S

 料金
普通
 正式名称
北木石(中目)

北木石(中目)-S

 料金
普通
 正式名称
小桜

小桜-S

 料金
普通