インド銀河の価格や特徴を解説

>>登録希望の石材店はこちら >>一括見積り開始

ご成約でギフトカード30,000円贈呈!

地域を選択して対応可能エリアを確認

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州


今すぐ見積もり開始

今すぐ一括見積りスタート

墓石の概要

インド銀河

 正式名称
インド銀河
 原産国
インド カルナカタ州
 吸水性
 圧縮強度
115.02 N/mm2
白系グレー
 値段
普通(普通)
 特徴
代表的なインド白御影石。銀河の星くずを思わせる白い玉の模様が入ります。白っぽいお墓を建てたい人に人気があります。

墓石の特徴

「インド銀河」は、インドの青系細目の御影石です。インドには良質の石がたくさんありますが、この「インド銀河」は、天空を銀河を思わせる石で、肌理の細かい綺麗なグレーの御影石です。石質は固さ・吸水率も低さから、和型墓石として人気があります。白手・青手の石材の中では、最高峰の硬度を誇っています。インド産の石材は、中国産などと比べて、全体的に価格のわりに品質が安定しており、"外れ"が少ないと言われていますが、「インド銀河」も、品質は安定しています。ただし、色目は丁場によって異なり、主に濃手と淡手の2種類があります。同じ「インド銀河」でも、色の濃さにより好みがわかれますので、購入前によく確認するとよいでしょう。
グレー系の他の石材と比べると、「インド銀河」は、上品で、どちらかというと淡い色調です。色目には、銀河の星くずを思い起こさせる白い玉の模様が入ります。白っぽいお墓を建てたい、という方に、とくにお勧めの石です。硬度が高く、非常に変色しにくいのが特徴です。目が細かく、光沢が落ちにくいことから人気のある、良質な高級墓石材です。均一で細かい石目は、ブランド石にひけをとりません。水を吸いにくいので(ほとんど吸水しない材質)、錆やコケが発生しにくく、お墓が長持ちします。ブランド石と比べて、「安くて高品質」な石材と言えるでしょう。価格は、国産材と同じくらいです。外柵・墓石のどちらにも使用できます。

同じ「銀河」と名のつく石でも、「青銀河」と呼ばれる石目の荒いZMFは、銀河の代用として開発した青御影石で、「銀河」とは別の物です。「青銀河」の方は、男性的で活気のある、元気が湧いてくるような石種です。大材も可能な、石らしい石で、別名を「インド吹雪石」とも言います。

また、同じ「銀河」という名前の石で、中国・広東省産の「中国銀河」(G433)とも間違えやすいので注意が必要です。G433は、インド産の「銀河」に色彩が近いことから、「中国銀河」と呼ばれているのですが、「インド銀河」が小目であるのに対し、「中国銀河」は粗目で、多少不純物が混入することがあるようです。見掛け比重:2.631t/m3、 年間採石量:350m3

墓石の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
墓石ナビ登録のお近くの優良石材店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積もりスタート!

今すぐ一括見積りスタート

よく比較される墓石

 正式名称
フィンランドグリーン

フィンランドグリーン-S

 料金
普通
 正式名称
河北山崎

河北山崎-S

 料金
普通
 正式名称
インドアーバングレー

インドアーバングレー-S

 料金
普通
 正式名称
インド黒(YKD)

インド黒(YKD)-S

 料金
普通
 正式名称
マハマブルー

マハマブルー-S

 料金
普通
 正式名称
G663

G663-S

 料金
普通
 正式名称
北大青(H3715)

北大青(H3715)-S

 料金
普通
 正式名称
吹雪石

吹雪石-S

 料金
普通
 正式名称
茨城小目

茨城小目-S

 料金
普通
 正式名称
北木石(中目)

北木石(中目)-S

 料金
普通
 正式名称
小桜

小桜-S

 料金
普通