インド アーバングレーの価格や特徴を解説

>>登録希望の石材店はこちら >>一括見積り開始

ご成約でギフトカード30,000円贈呈!

今すぐ見積もり開始

今すぐ一括見積りスタート

墓石の概要

インド アーバングレー

 正式名称
インド アーバングレー
 原産国
インド・カルナタカ州
 吸水性
 圧縮強度
118.58 N/mm2
グリーン系グレー
 値段
普通(普通)
 特徴
安定的な採石量の、超ロングセラーインド産御影石。透明感のある、ガラスのような石目です。

墓石の特徴

カルナタカ州のムドゥカル地方で採石されるため「ムドっカルグレー」、石材業界では「MD5」とも呼ばれています。岩石名は、火成岩、花崗岩、グレー系中目御影石。黒い部分は黒雲母、磁鉄鋼、角閃石、透明部分は石英、白い部分は斜長石、赤茶色の部分はカリ長石です。粒子の細かい柔らかなグリーン系の、品の良いグレーですが、高級感のある光沢と深みのある色合いを持ち、一見、色の濃い白御影石のように見えます。目としては中目に近い小目。曖昧な目と色なので、経年変化が目立たないという特長があります。同じ「アーバングレー」の中でも等級があり、等級の高い石ほど濃い色をしています。しかし、どの色の「アーバングレー」も、個性的な雰囲気を持っています。石は石英が入っているため、とても硬く、変質することなく安定しています。見た目よりはずっと硬い石なので、水はあまり吸いません。雨が降っても、どこが濡れているのかわからないほどだと言われています。外柵・石碑と共石にするときれいです。透明感のある、ガラスのような石目は特徴的で、「御影石のクリスタル」とも言われています。全国的に使用されていますが、粘りがあって硬質で、堅牢性に優れ風化しにくいため、寒冷地にも向いています。

見掛け比重:2.632t/m3。インドは世界有数の御影石産出国で、品質も高く評価されていますが、そのインドの石材の中でも「アーバングレー」は、石質が硬く、吸水率も低いため、すぐれた耐久性を誇っています。しかも、インドの中でも最大規模の丁場で採掘されており、年間採石量:18.000m3と、安定した採石量です。大きな材料も安定的に供給されます。丁場は複数あり、それぞれ若干色調が異なります。粒子の細かい柔らかなグリーンが大変人気です。石も大変硬く、外柵・石碑と共石にするときれいです。和型・洋型・デザイン墓、どれにもマッチします。国産材と比べても、インド材の中でも、価格は比較的手頃なので、とても人気があります(価格と品質の合った石種です)。現在お墓の素材として使用されている御影石の中では、最高の耐久性を誇ります。20年以上も前から日本で使用されており、いまだに人気が高いという、実績のある石材です。

欠点としては、他の高級墓石に比べると、文字の彫刻がきれいに出ない場合がある点です。文字のところに墨入れをするか(白・黒・金のペンキを入れます)、石塔は別の石種のものにして、外柵にだけ「アーバングレー」を使用するという選択もあります。

墓石の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
墓石ナビ登録のお近くの優良石材店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積もりスタート!

今すぐ一括見積りスタート

よく比較される墓石

 正式名称
フィンランドグリーン

フィンランドグリーン-S

 料金
普通
 正式名称
河北山崎

河北山崎-S

 料金
普通
 正式名称
インド黒(YKD)

インド黒(YKD)-S

 料金
普通
 正式名称
インド銀河

インド銀河-S

 料金
普通
 正式名称
マハマブルー

マハマブルー-S

 料金
普通
 正式名称
G663

G663-S

 料金
普通
 正式名称
北大青(H3715)

北大青(H3715)-S

 料金
普通
 正式名称
吹雪石

吹雪石-S

 料金
普通
 正式名称
茨城小目

茨城小目-S

 料金
普通
 正式名称
北木石(中目)

北木石(中目)-S

 料金
普通
 正式名称
小桜

小桜-S

 料金
普通