マルチカラーレッド(Multicolor Red)の価格や特徴を解説

>>登録希望の石材店はこちら >>一括見積り開始

ご成約でギフトカード30,000円贈呈!

地域を選択して対応可能エリアを確認

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州


今すぐ見積もり開始

今すぐ一括見積りスタート

墓石の概要

マルチカラーレッド(Multicolor Red)

 正式名称
マルチカラーレッド(Multicolor Red)
 原産国
インド
 吸水性
 圧縮強度
173.17 N/mm2
赤色
 値段
やや高い(やや高い)
 特徴
インド産の赤御影石。赤地に、大きな黒いマーブル模様が特徴の、明るい印象の石材です。デザイン墓石・洋型墓石にむいています。

墓石の特徴

マルチカラーレッドは、インド産の赤御影石です。

御影石は、国産、外国産を合わせると、何百種類もあり、色で大きく分けると、赤系、白系、黒系、青(緑)系、グレー系などがあります。一般に御影石は、黒・赤・白の順で高級だと言われています。赤系御影石は、赤の発色がとてもよいので、墓石だけではなく、建築石材としても広く使われています。柱や、階段、縁石、舗装用敷石、壁タイル・床タイル、床スラブ、フロアタイル、キッチンカウンター、洗面台、ワークトップ、窓台、幅木、彫刻、小さなところでは、マウスパッドなどにも使用されており、高級感溢れる空間演出が可能と言われています。

赤系御影石の種類はそれほど多くなく、他には、ニューインペリアルレッド、パラディソ、オーロラ、クリスタルブラウン、マルチカラーレッド、ヒマラヤブルー、山峡紅、中国マホガニー、G562などがあります。日本で採れる墓石用の御影石は、うすい灰色のものや、白色、桃色のもので、赤色と黒色はほとんど外国産しかありません。国内産の赤御影石は、岡山県の万成石(桜御影)が赤御影石の分類に入りますが、万成石は赤色というより桃色なので、赤の発色が鮮やかな赤御影石は、外国産しかないと考えてよいでしょう。

このうち、マルチカラーレッドは、赤の地に、独特の大きな、黒いマーブル模様の石目を持っています。模様がどこにあらわれるかによって、イメージが違ってきますので、実物を見て確認したほうがよいでしょう。模様が独特なので、色合わせはとても難しいと言われています。大胆な、うねるような流れのある模様は、個性的なお墓を建てたい方に人気があります。比較的明るい印象のお墓になるでしょう。和型ではなく、デザイン墓石、洋型墓石によく使用されています。カラフルなお墓を作りたい場合に向いている石材です。(洋型のお墓には、赤御影石の他、黒御影石や桜御影石が使われることが多いようです)。赤と黒の混じり合った色柄は変化が多く、ほんとうにきれいな石です。石の質としては、風化に強く、摩耗しにくく、耐久性があると言われています。非常に硬い石です。採石量は比較的安定しています。耐水性にも優れており、公共の建築物等にもよく使われる石材です。

墓石の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
墓石ナビ登録のお近くの優良石材店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積もりスタート!

今すぐ一括見積りスタート

よく比較される墓石

 正式名称
SR

SR-S

 料金
やや高い
 正式名称
G906(G023)

G906(G023)-S

 料金
やや高い
 正式名称
万成石

万成石S

 料金
やや高い
 正式名称
稲田石・稲田御影

稲田石・稲田御影S

 料金
やや高い
 正式名称
真壁石・真壁御影

真壁石・真壁御影S

 料金
やや高い
 正式名称
天山石

天山石-S

 料金
やや高い
 正式名称
本小松石

本小松石-S

 料金
やや高い
 正式名称
磐梯御影

磐梯御影-S

 料金
やや高い
 正式名称
浮金石

浮金石-S

 料金
やや高い
 正式名称
青葉石(青葉みかげ)

青葉石(青葉みかげ)-S

 料金
やや高い
 正式名称
青小目

青小目-S

 料金
やや高い
 正式名称
小松石

小松石-S

 料金
やや高い
 正式名称
吾妻御影(吾妻みかげ)

吾妻御影(吾妻みかげ)-S

 料金
やや高い
 正式名称
ボナコート

ボナコート-S

 料金
やや高い