墓石の撤去方法と相場

>>登録希望の石材店はこちら >>一括見積り開始

ご成約でギフトカード30,000円贈呈!

地域を選択して対応可能エリアを確認

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州


墓石の撤去方法と相場

お墓を建てたはいいものの、次にその場所に入る跡継ぎがいない場合や、遠方に住んでいて新たな場所にお墓を建てる予定がある場合、その子孫が絶えてしまうと元のお墓に入るどころか、お参りをしてくれる人もいなくなります。そのようなお墓は無縁仏となり、先々の供養がなされない寂しいものとなってしまいます。次にそのお墓を継ぐ人がいない場合は、思い切ってお墓を撤去してしまう墓じまいという方法を取ることも考えましょう。 お墓をそのまま放置して無縁仏にしてしまうより、故人やご先祖様に敬意と感謝の気持ちを込めて、然る手順で墓じまいを執り行った方が浮かばれるというものです。ここで、墓じまいにおいて主に墓石の撤去手順と、撤去にかかる大まかな費用などを挙げます。

Point1、墓地の管理者へ墓石撤去の旨を申し入れる

実は、墓じまいにおいて撤去に入る前の諸手続きが一番大変です。お墓を撤去しても同じ場所に新たにお墓を建て直す場合や、そのまま移転する場合は特に問題ありませんが、単純に撤去するだけの場合は少々厄介です。移転先へ改葬する場合は、改葬の旨を届け出る「改葬届」や移転先から発行される「受入証明」などで手続きを進めることができますが、単純に撤去する場合で遺骨の行き先が自宅である場合などは、その証明書をいずれも提出できないわけです。つまり、まず遺骨の新しい納め先を寺院など然る場所に設定しないと墓じまい自体が難しくなります。

Point2、石材店を決める

何とか撤去にかかる諸手続きを終えれば、やっと墓石撤去の手続きを踏めることになります。撤去予定の墓石を施工してもらった懇意の石材店に依頼すればよいのではないかと考えがちですが、石材店も商売をしているわけです。商売として一番力を入れるのはどうしても新規建立であり、実入りになるほかにも修繕などで先々までの付き合いを想定できるためです。しかし、撤去となりそこでつながりが切れてしまうことを考えると、商売として好む仕事ではないとも言えます。そのため、最後とばかりに高額を提示してくる石材店も存在しますので、まずは複数の石材店の見積もりを比較してみて、契約業者を決定しましょう。

Point3、魂抜き(抜魂式)・遺骨取り出し

墓石を建立する際、魂入れ(入魂式)を行って墓石に魂を吹き込んだはずです。その魂を抜く儀式を経ることによって、墓石をただの石にしなければ撤去に入ることはできません。宗派にもよりますが、大切な法要であり寺院との日程調整も絡んできますので、石材店と寺院との連携をよく取って打ち合わせをしておきましょう。そして、遺骨取り出しの際にも必ず立ち会うようにします。

Point4、墓石撤去・整地

ここまでで墓じまいの作業は終了となります。

墓じまいにかかる費用ですが、撤去を請け負う石材店によってばらつきはありますし、立地による作業工程の違いや使用する重機の種類などにもよって変わってきます。ゆえに、撤去を依頼する際は複数の業者から見積もりを出してもらうことをおすすめしますが、だいたいの相場というものは存在します。一般的には、特殊な条件のない通常の墓地からの撤去費用として1平方メートルあたり総額10万円前後といったラインのようです。もし、それより大幅に上乗せされた金額を提示された場合は、明細を問い合わせてみてもよいでしょう。もちろん正当な理由があっての金額である場合も多いでしょうし、あくまで詳細を把握する意味での確認としておいた方がよさそうです。

石材店の選び方のポイントを掴めたら、墓石ナビの優良石材店へ一括見積りをしてみましょう。石材店によって価格やサービスが異なるので比較検討が大切です。

無料見積りスタート