宇陀市の石材店の値段(価格)相場|墓石ナビ奈良版

>>登録希望の石材店はこちら >>一括見積り開始

登録石材店募集中 電話番号

地域を選択して対応可能エリアを確認

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国・四国

九州


宇陀市の優良石材店の
見積り比較が無料で出来る!

今すぐ見積もり開始

今すぐ一括見積りスタート

■■■宇陀市での建墓実績多数あります。お気軽にお見積をご依頼ください。■■■

宇陀市の見積もり依頼の例

住所:
宇陀市
工事種別:
新規建墓(デザイン墓石)
各種希望:
未定

墓地の広さは幅900mm×奥行1800mmぐらいで、墓標(墓誌)希望します。 予算は100万円ぐらいでお願いします。

住所:
宇陀市
工事種別:
新規建墓(未定)
各種希望:
未定

現在祖父母のお墓がありますが夫婦墓なのでそこに一緒にはいることができるか、もしくは新たに建墓したほうがいいのかご相談させて頂きたいです。予算の関係上来年になる可能性がございます。

住所:
宇陀市大宇陀牧
工事種別:
新規建墓(和型墓石)
各種希望:
未定

奥行1.5m×横幅1.5mくらい。100万円以内を希望。先祖の墓標3基分(2基は木製で朽ちかけている。1基は石碑)を一つにまとめたい。

宇陀市でお墓を立てられたお客様の声

デザイン・価格など多様な選択ができましたM・I様

奈良県宇陀市
66万8000円
先祖の墓を1つにまとめた/不明
不明

ご利用の流れ

見積もり依頼はネットで完結!フォーム入力後、約2日で各石材店の墓石価格の見積もりがお手元に届きます!本サイト経由の見積もりでご購入まで至れば、すべての方に建墓お祝い金を贈呈します。

ご利用の流れ
墓所に関する情報を入力して見積り申請!登録石材店から連絡があります。
各石材店から見積もりが届いたら、値段を比較して墓石店を選定しましょう。
石材店と詳細な打合せの上で納得されたらご契約。不明点は何でも聞きましょう。
工事完了までの期間は工事内容等によって異なります。(完成目安は30〜50日)

墓石ナビでは宇陀市の近隣の厳選された優良な石材店からの見積りを比較することができます。
しっかりと価格や品質を比較してお墓を建てるようにしましょう。

今すぐ一括見積もりスタート!

墓石ナビご成約実例

石材店とのやり取りで建てたいお墓が明確になりました。

富山県 S・R様 新規洋型墓石
面積:4u 石種:G603

きめ細かく迅速な対応をいただけたことが良かったです。

千葉県 K・M様 高級和型墓石
面積:6u 石種:大島石11寸

親切で価格も地元の石材店と比べ安価で大満足です。

宮城県 Y・A様 新規洋型墓石
面積:5u 石種:アーバングレー

デザインの過程でお墓を建てるのが楽しみになりました。

北海道 I・T様 新規洋型墓石
面積:4u 石種:G654、G603

墓石の価格を詳しく知りたい方。
実際の見積りはどの程度になるのかを知りたい方。
墓石ナビ登録のお近くの優良石材店への一括見積りをしてみてください。

今すぐ一括見積もりスタート!

宇陀市のお墓や寺院墓地

・宇陀市営 赤人霊苑  奈良県宇陀市榛原区山辺三2903番地の2
市外の人でも申し込むことができるという公営霊園。遺骨がなくても申し込みができます。

・宇陀市菖蒲谷墓地  奈良県宇陀市大字宇陀区小附1223番地
宗教は関係なく申し込みができます。管轄は奈良県宇陀市なので安心です。

宇陀市の地域や墓石の事情

奈良県の北東部に位置する宇陀市。山に取り囲まれている宇陀市は大半が森林です。奈良盆地と比較すると夏は少し涼しく、冬は寒いです。雨も多い地域です。宇陀市のメイン産業は農業と林業。食用の宇陀牛はよく知られています。毛皮革産業も盛んに行われています。国宝の五重塔がある室生寺をはじめ、大野寺、大蔵寺、大願寺、光明寺、仏隆寺などのお寺や神社が多いです。
自然の豊かな地域でもあり、樹齢300年とも言われている本郷の瀧桜は桜の名所として知られています。しだれ桜の姿はとても美しく、その周りの桃の木がより一層美しさを引き立てています。また、室生寺のシャクナゲも有名。総数3000本ともいわえるシャクナゲを見ることができます。街道も多く、当時の町並みなどを見られる伊勢本街道、東海自然歩道はいばらの道などがあります。宗教や住所などによっては、気に入った霊園や墓地でも申し込みができないケースがあります。しかし最近では、寺院墓地などでも宗教にこだわらず、申し込みができる人墓地も増えてきました。四方を山に囲まれた宇陀市は墓地を作るなら、自然環境がよく、景色がいいのでお勧めです。

  • 36,000名突破!

  • 価格の相場
  • 墓石の種類
  • 墓石選び方
  • ご成約実績
  • 色の選び方